こだわり

楽々亭の鶏肉は「国産若鶏」です

日常のおかずから特別な日のごちそうまで、日本の食卓に何かと欠かせない鶏肉。
楽々亭の鶏肉は安心・安全の国産若鶏を使用しています。

鶏肉は、良質な蛋白質を多く含みそれ以外にもビタミンAやビタミンK、オレイン酸、鉄分、亜鉛など、健康の維持に役立つ栄養がいろいろと含まれております。

そんな鶏肉には様々な品種があります。

楽々亭の国産若鶏唐揚げ

様々な目的で育てられている。

鶏肉は牛・豚と並んで日本人にとって身近な動物です。唐揚げをはじめ、手羽先や親子丼など様々な料理に用いられています。
日本国内で育てられている国産鶏は卵用種・卵肉兼用種・肉用種など様々な品種があります。

他にも、銘柄鶏や各地方名産の地鶏など、名前を聞いたことがある品種もあるのではないでしょうか?
また、食に役立てられている品種だけでなく、チャボや長尾鶏など愛玩用の品種として育てられている品種もあります。

用途に合わせて最適な品種

日本国内で育てられている品種で、卵を得るために飼育される卵用種として有名なのが白色レグホーン種です。
卵用種として品種改良されている品種は数多くありますが、その始祖となる品種は白色レグホーン種がほとんどです。

また、国内において“鶏肉”として出荷される肉用種、その中でも多く流通しているのが白色コーニッシュ種の雄と白色プリマスロック種などの
雌を交配させたブロイラー専用種です。
そして、ロードアイランドレッド種や横斑プリマスロック種は、卵用種・肉用種どちらの用途にも活用される卵肉兼用種として飼育されています。

日本の食卓に欠かせないブロイラー

ブロイラー種は元になった品種の特徴を受け継ぎ、大型で成長速度が速くリーズナブルな鶏肉を楽しんでいただけます。
白色コーニッシュ種は成長が早く、ブロイラー種としてアメリカで改良された品種です。
白色プリマスロック種は卵肉兼用種ですが、肉用種として飼育されることが多く、比較的産卵性が高いという特徴を持っています。

生後3ヶ月未満の鶏は若鶏と呼ばれますが、ブロイラー種はふか後50日程度の若い鶏が出荷されるため、肉質が柔らかく美味しい鶏肉です。
日本国内で入手できる一般的な鶏肉はブロイラー種が多くを占めているため、味・肉質・歯ざわり・香りなど日本人の舌にとっても馴染み深い鶏肉と言えます。