手羽先を上手に食べるコツ | おいしい!国産の若鶏唐揚げの通販 あげもの専門店 楽々亭
HOME»  手羽先を上手に食べるコツ

手羽先を上手に食べるコツ

手羽先を上手に食べるコツ

手羽先を美味しいと感じていても、骨があるから食べない方もいらっしゃると思います。確かに骨があることで、肉を綺麗に食べることができません。しかし、食べ方のコツを知ることで、肉を無駄なく綺麗に食べられます

素手で食べる方法は主に4パターン!

1.手羽先の端についている関節を取り除き、手羽先をくわえます。後は骨だけを引っ張ることで、綺麗に肉の部分だけを食べられます。

2.1と同様に手羽先の端についている関節を取り除きます。次に骨の部分を手で掴み、ねじりつつ引き抜きます。この際2本同時に抜くのではなく1本ずつの方が綺麗に骨を抜き取ることができ、綺麗に食べられます。

3.関節の端を手でちぎり、2本ある骨を左右に分けます。後は1本ずつ食べることで、肉の部分だけを綺麗に食べられます。

4.両端にある関節の部分を掴み下方向に折り曲げると、骨が出てきます。後はバナナの皮を剥く要領で下まで引っ張ることで、肉の部分だけを取り外すことができます。

道具を使って食べる方法もある!?

道具を使って食べる方法もある!?

ナイフとフォーク

ナイフとフォークを使う場合は、骨に沿ってナイフを入れることを意識しましょう。まずフォークを使って手羽先の端を押さえ、ナイフで肉の部分を一口大に切ります。骨の近くまで食べることができたら、骨についている肉の部分をフォークで押さえつつ、ナイフを骨に沿って入れます。そうすることで、肉と骨を綺麗に分けられます。また骨と骨の間にある肉は、手羽先の端の部分を持ちつつ、フォークを使って取り外すことで食べられます。

箸を使う場合は、まず手羽先の細い部分にある関節を取り除きます。次に箸を骨と骨の間に入れ、手羽先を2つに割ります。後は肉の部分を食べるだけです。手羽先は冷めてしまうと肉を取り外すことが難しくなりますので、なるべく熱い内に食べることをおすすめします。

当店では国産九州産)の若鶏手羽先を通販にて提供しております。手羽先は味付きですので、衣をつけて油で揚げるだけで美味しい唐揚げを堪能することができます。初めてのお客様には初回限定の「からあげお試しセット」をご用意しております!