鶏の基礎知識 | おいしい!国産の若鶏唐揚げの通販 あげもの専門店 楽々亭
HOME»  鶏の基礎知識

鶏の基礎知識

鶏の基礎知識

普段私たちが何気なく食べている鶏肉に関する知識をお持ちの方は少ないのではないでしょうか?「にわとり」は、庭で飼われているからそう呼ばれていると認識している方もいると思いますが、実は、ちゃんとした理由から「にわとり」と呼ばれているのです。明確ではありませんが、日本とにわとりとの関係は、古く昔まで遡ります。

鶏の歴史はとっても古い!?

歴史と言っても諸説ありますが、鶏の祖先である赤色野鶏は、紀元前5000年頃には既に中国やインドなどで家禽化されていたそうです。鶏が日本に渡来した正確な時期は定かではありませんが、日本神話に光の到来を告げてくれる神聖な生き物として登場していることから、4~5世紀頃には日本で飼われていたと考えられています。奈良時代になると鶏は「干しとり」と呼ばれる保存食として利用されていました。

そして平安時代になると儒教や仏教などが中国から伝わったことで、「殺生を禁ずる」ということで食用として出回らなくなり、闘鶏として利用されるようになりました。その後、宮廷や神社で次第に人気を集めたといわれております。しかし、江戸時代頃には家鶏なら食べて良いとされ、「料理物語」という書物に様々な料理の食材として鶏が登場したことが記載されています。そして現代、鶏は用途に合わせて改良が進められ、数多くの品種が誕生しています。

鶏の名前の由来は色が関係している!

鶏の名前の由来は色が関係している!

一説によると鶏の名前の由来は、羽の色が関係しているといわれております。当時の鶏の多くが赤色であり、赤色のことを丹色(にいろ)といいます。そのことから「丹色の羽の鳥」=「丹羽鶏(ニワトリ)」と呼ばれるようになったそうです。

唐揚げ専門店本格から揚げを購入したいと考えている方は、是非当店をご利用下さい。当店は国産若鶏の唐揚げを通販にて提供している唐揚げ専門店です。冷凍から揚げなどを販売しておりますので、ご自宅で簡単に専門店の唐揚げを楽しむことができます。初めてのお客様には初回限定の「からあげお試しセット」をご用意しております!